無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 激しい風雨のなかで、地元農家と一緒に田の溝浚い | トップページ | 田んぼは大雨で満水になり、陸苗は順調な生育です »

2013年4月 6日 (土)

ナシの花や山桜が満開で、ナシ園では最後の伐採作業

爆弾低気圧が襲来するという6日は20人が集まり、ナシ園では最後の伐採作業に当たりました。ベースキャンプでは竹細工や竹垣づくりのほか、この春最初のタケノコ掘りです。コメ農家の苗床づくりに7人が朝から出ていて、土曜にしては少ない参加でした。田んぼの堆肥まきなどは農業ブログをご覧下さい。ナシの木は真っ白な花が盛りを迎え、分校の山桜も満開です。Photo Photo_2

Y本さんのナシ園には、里山保全部長ら9人がマイクロバスなど2台で出かけます。ナシの幹をあらためて全伐することになったのは、大量に実が着くと周りのナシ園に病気が感染する危険が高いからです。枝を落とさず胴切りにするため、チェーンソーを挟まれないよう、2本の楔を差し込んで慎重に切り離していきます。うまく胴切りできない木は、紐で縛られた枝を細かく伐っていかねばならず、なかなか捗りません。Photo_3 Photo_4

それでもM木さんら5人が集中して当たったので、ほぼ伐採することができました。一方、M上さんら4人は、納屋のチッパーを出してきて散乱する細枝を次々粉砕していきます。午後は雨が降り出しそうになり30分早く打ち切ったため、10本ほどが残ってしまいました。大小2カ所のナシ園で、ほぼ350本を伐採したことになります。この1カ月はナシ園伐採に忙殺されました。Photo_5

ベースCではY沢さんとS本さんが竹細工を進め、竹の靴べらを研磨機で仕上げていきます。Y田棟梁は竹垣の残りを製作して、依頼したE原さんの庭にいつ据え付けるか日程の調整が必要です。O桐さんは竹酢液を堆肥にかけるため、タンクを神々廻の畑に運びました。ベースCの竹林にはタケノコが顔を出し、F川さんらがこの春最初の掘り出しでした。クマガイソウもつぼみが膨らみ開花も近いでしょう。Photo_6 Bc Photo_7

« 激しい風雨のなかで、地元農家と一緒に田の溝浚い | トップページ | 田んぼは大雨で満水になり、陸苗は順調な生育です »

コメント

このたびは、大変お世話になりありがとうございました。

本当に大仕事、重労働が続き大変でしたね。また、活動日にばかり雨が降ったりで、なかなかはかどらず、気をもまれたことと思います。
木が立っているときには考えられないほどの枝の量ですね。びっくりしてしまいます。

夫も少しお手伝いを…と考えていたそうですが、雨続きで冬の作業が4月になっても終わらず、結局お手伝い出来終いで、申し訳ありませんでした。
おかげさまで何とか早い時期に伐採していただき、叔父もホッとしたことと思います。
本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/51122742

この記事へのトラックバック一覧です: ナシの花や山桜が満開で、ナシ園では最後の伐採作業:

« 激しい風雨のなかで、地元農家と一緒に田の溝浚い | トップページ | 田んぼは大雨で満水になり、陸苗は順調な生育です »