無料ブログはココログ

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 田んぼ当番で見回ると、稲穂が出ています | トップページ | 海の日に道路沿いの枝落しや、竹林の片付け »

2017年7月15日 (土)

炎天下に田の一斉草取り、そうめん樋も完成

茹だるような暑さになった15日は、田んぼの一斉草取りもあって30人が集まりました。炎天下の草取りでしたが、大勢で繁茂した田に出かけてやり進めます。そのほか、来週末に開始するそうめん流しの樋を作り、黒豆畑の草取りなども行います。ベースキャンプ下の耕作放棄された田んぼには、蒲の穂が群生しています。Photo


Photo_2


下手賀沼脇の八幡下3の田には、O津さんら10人が出かけ、人海戦術で真ん中から一斉に草取りです。ここはホタルイやカヤツリグサ、タシバなど雑草のデパート。真夏の日差しが続き手遅れになりはしないかと思うほど繁茂しています。午後も同じ人数で続けたので、草が取り除かれ田は見違えるほどに。今年はシバの伸びが特にひどく、日陰のない過酷な状況のなかで、ボヤキながら取り終えました。Photo_3


Photo_4
Photo_6
まだ時間があったので最も狭い八幡下2に移動しましたが、畦の脇にイヌビエが繁茂し、根が深くて手ではなかなか抜けず、カマで切り出しクワで何とか掘り出します。ここも10人掛かりで3時前までやりましたが、わずかに残って終わりません。ベースCでは、O崎さんら6人が午前中からそうめん樋の加工です。乾燥させた太い孟宗竹の上部をチェーンソーで切り取ります。固い節を金槌で叩き割った後に、グラインダーで竹のバリや角を滑らかにし、仕上げは洗剤と消毒液で洗って完了しました。Photo_7


Photo_8


A田さんらはベースCで水鉄砲作りを急ぎます。1週間後にはNTTコムグループのCSR活動を支援する予定です。伐採して切りそろえておいた真竹に布やスポンジを巻いていきます。彼らのそうめん流しが、今年の夏企画の始まりで、8月の終わりまで10回ほど実施されます。午前中は印西の里山NPO会員6人と近所の草深の森で草刈りに参加。その前に半月前に強風で倒れたイヌシデの大木をチェーンソーで片付けます。刈払い機を使っていると遊歩道脇にスズメバチの巣を見つけましたが、刺されずに何とか落しました。Photo_9





Photo_12





« 田んぼ当番で見回ると、稲穂が出ています | トップページ | 海の日に道路沿いの枝落しや、竹林の片付け »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/71148835

この記事へのトラックバック一覧です: 炎天下に田の一斉草取り、そうめん樋も完成:

« 田んぼ当番で見回ると、稲穂が出ています | トップページ | 海の日に道路沿いの枝落しや、竹林の片付け »