無料ブログはココログ

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 仕事納めの片付けと理事会、森のゴミ拾いも | トップページ | 延命寺の初詣でテント当番、参拝客が鐘つき »

2017年12月31日 (日)

大晦日に初詣テント張り、除夜の鐘の受付

いっとき小雨の降る大晦日の31日は、延命寺の初詣に向けたテントの設置や写真パネルの掲示に12人が集まりました。除夜の鐘の受付もある準備作業は例年どおりで、9時に集合すると打ち合わせなくてもそれぞれ始動。暖房用の鉄釜やテント床のコンパネを順番にベースキャンプから軽トラで搬入し、まずは焚き火を囲みます。鐘楼の脇には赤い実を付けたオモトがまだ残っています。Photo


Photo_2


Photo_3


地元の檀家の皆さんが本堂や鐘楼などを幔幕で飾り付け、幟も新しい物に取り換えます。この寺は白井七福神の大黒天を奉っていて初詣客も多いです。檀家さんのテントの隣にコンパネを並べ終えると小雨が降り出し、床が泥で汚れる中でテントを大勢で組み立てます。紅白の幕を張っている間に、机と椅子、ストーブを分校事務所から搬入しました。Photo_4


Photo_5


Bc


しばらくすると雨も止んで、テント内に電灯の配線を行い、販売するミニ門松や竹炭、乾麺なども箱から出します。鐘つきの受付や賽銭箱、破魔矢を並べる机も設置。本堂の脇では新しく作り替えた写真パネルを掲示板に貼り出し、環境塾の活動を参拝客に紹介することになります。お土産のロウバイをそろえて昼過ぎには終了し、今夜は理事長らが除夜の鐘の世話に当たります。傍にある鳥見神社の鳥居にも新しいしめ縄が張られ、新年を待つばかりです。Photo_7Photo_8


Photo_6


« 仕事納めの片付けと理事会、森のゴミ拾いも | トップページ | 延命寺の初詣でテント当番、参拝客が鐘つき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/72587583

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日に初詣テント張り、除夜の鐘の受付:

« 仕事納めの片付けと理事会、森のゴミ拾いも | トップページ | 延命寺の初詣でテント当番、参拝客が鐘つき »