無料ブログはココログ

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 名内の竹林間伐に13人、作業前にはラジオ体操 | トップページ | 大雪の残る栗林で剪定、炭焼きの火入れも »

2018年1月17日 (水)

分校で救命救急講習会、午後は雨で作業中止

予報に反して冷え込みが続いた17日、救命救急講習会が平塚分校の教室で開かれて18人が参加しました。白井消防署の救急士を呼んで毎年開催していますが、今回は胸骨圧迫やAEDの実習を中心に行います。講習が終わった正午には早くも雨が降り出していて午後の作業は中止し、ベースキャンプに出ていた4人も引き上げました。Photo


Photo_2


早目の9時に分校に集まった会員はすぐに、消防が準備した訓練人形を取り囲みます。例年よりも実習を多くするため、集団訓練用の簡易人形も持参。全体を3人1組に分けて、各チームが人形を前に胸骨圧迫を何度も繰り返し、深さ5センチで1分間に100~120回の的確な押し方を体得します。続いてAEDを使った訓練に入り、簡易人形でも操作の手順を何度も確認しました。Photo_3


Aed


憶えのいい人悪い人といろいろありますが、時々間違えて笑いを誘いながら実習を終えます。その後は気道を確保する体位、安全確実な圧迫止血法などを見学。最後に椅子に戻って、救急車を呼ぶ判断などの講義と質疑応答を行いました。校庭に出ると、降り始めた雨の中を竹ボサの焼却などをした会員が戻ってきました。帰りに剪定を予定していた果樹園に寄ると、多く伸びた梅の枝につぼみがいっぱいです。Photo_4


Photo_5


« 名内の竹林間伐に13人、作業前にはラジオ体操 | トップページ | 大雪の残る栗林で剪定、炭焼きの火入れも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/72713713

この記事へのトラックバック一覧です: 分校で救命救急講習会、午後は雨で作業中止:

« 名内の竹林間伐に13人、作業前にはラジオ体操 | トップページ | 大雪の残る栗林で剪定、炭焼きの火入れも »