無料ブログはココログ

ウェブページ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 印西の竹林でチッパー掛け、終了まであと半日 | トップページ | 栗林の剪定枝を片付け、竹製品の仕上げも »

2018年2月14日 (水)

印西のチッパー掛けを完了、午後は里山部会

2月も半ばで冬晴れの14日、寒さが少し緩んだなかを24人が集まりました。印西の竹林のチッパー掛けを完了したほか、シラカシの大木の玉切りや孟宗竹の炭材の節取りなどに当たります。午後からは里山保全部の部会を事務所で開き、副部長ら8人が来年度の事業計画や予算について討議しました。隣の延命寺では紅梅の開花が一気に進み、スイセンも咲きそろっています。Photo


Photo_2


Photo_3


朝会では、来週月曜に運動公園の森での落ち枝集めへ参加を呼び掛けます。毎年チェーンソー講習会に合わせて実施しますが、現地集合で会員の一斉作業として行っています。印西のI藤さんの竹林には、残りの竹ボサのチッパー掛けに9人が参加。ノコで次々枝落として投入し、1時間足らずで粉砕を終了です。Photo_4


Photo_5


山のような竹チップは、K合さんが畑の堆肥に使うために袋詰め。1トントラックにブリッジを掛けて慎重に積載し、2日半もかかったチッパー作業を完了しました。作業した竹林は、かつて県立印旛高校のあった高台の東側です。跡地は印西市の歴史資料センターがある広場と駐車場で、北側の木下小学校の先には利根川が一望できます。Photo_6


Photo_7


間伐によって見違える竹林に達成感を抱きながらベースCに帰ります。昨年4月の間伐にはなかったチッパー掛けのため、予想外の人手と時間かかかりました。木炭用のシラカシの玉切りにはM木さんらが出かけ、提供してくれたT田さんの自宅前の作業場で太い丸太をチェーンソーで切断します。午後からはベースCでH内さんらが竹材の節取りに当たりました。Photo_8


Photo_9


« 印西の竹林でチッパー掛け、終了まであと半日 | トップページ | 栗林の剪定枝を片付け、竹製品の仕上げも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/72918218

この記事へのトラックバック一覧です: 印西のチッパー掛けを完了、午後は里山部会:

« 印西の竹林でチッパー掛け、終了まであと半日 | トップページ | 栗林の剪定枝を片付け、竹製品の仕上げも »