無料ブログはココログ

ウェブページ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« ホダ木を組みシイタケ収穫、最終の味噌づくり | トップページ | 分校でスミレが開花、印西の森ではシュンラン »

2018年3月14日 (水)

不法投棄の植木枝を回収、分校西側の枝落とし

一気に初夏の陽気になった14日は、畑作管理機の講習会もあって28人が集まりました。里山作業では、不法投棄された大量の植木枝を回収したほか、分校西側の樹木の伐採、ベースキャンプの花壇手入れ、炭焼きの薪割り、機材の整備などに分かれます。寒さが終りようやく暖かさが続き、里山に春を知らせるコブシの大木も開花しています。Photo


Photo_2


八幡下の田んぼ脇に不法投棄された植木の回収には、F川さんら5人が出かけます。2月半ばに発見した大量の樹木は、園芸用のマサキやツゲ、カラタチなどです。伐採を請け負った植木業者か処理経費を浮かすためなのか。田植えが近付き、排水路の一斉清掃に支障があるため、環境塾で片付けることに。近くに住む区長のT田さんも作業に立ち寄り、不法投棄の後始末について白井市に伝えるとのことです。軽ダンプ4杯分になった植木ボサは午前で終わりませんでした。Photo_3


Photo_4


午後は残りをベースC下に運び終わると、霊園脇の果樹園にO屋さんら3人が出動。先月に梅や柿の剪定した後、伐採したバナナなどをボサを軽ダンプに積み込んで片付けです。それからH川さんら5人が分校西側に移動し、田んぼに日陰となる樹木の枝落とし。月曜に続く作業ですが、農道沿いのモミジに梯子を掛けて枝をチェーンソーで切り落とします。枯れたスギなども伐採し、南側に続きかなりすっきりしてきました。ベースC下の草地ではフキノトウが一斉に開いています。Photo_5


Photo_7





ベースCではK井さんらが花壇の手入れを行い、春の花が出てきてから新たな花の種を準備。月曜に炭窯の火入れをして煙突から白煙が上りますが、N川さんら次の炭焼きのためシラカシの薪割りです。不調なチェーンソーの整備に当たるM上さんらは、次々と分解掃除をして修理します。帰りに木下街道を通ると小ぶりのコブシに純白の花が開き始めています。Photo_8


Photo_9


Photo_10


« ホダ木を組みシイタケ収穫、最終の味噌づくり | トップページ | 分校でスミレが開花、印西の森ではシュンラン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1505952/73106743

この記事へのトラックバック一覧です: 不法投棄の植木枝を回収、分校西側の枝落とし:

« ホダ木を組みシイタケ収穫、最終の味噌づくり | トップページ | 分校でスミレが開花、印西の森ではシュンラン »