« 会員意見交換会や栗林の草刈り、田の草取り | トップページ | 草深の森で、広葉樹伐採のチルホール講習会 »

2019年6月22日 (土)

手賀沼について観察会と講演会を開催

昼前から雨に見舞われた夏至の22日は、手賀沼についての観察会と講演会があり、会員30人ほどが集まりました。午前は親子が参加した金山落の生きもの観察会のほか、昼食の豚汁調理、梅の実の収穫、炭材の窯詰め、田の草取り、畑作業などに分かれます。午後は白井市役所で、手賀沼の開発と環境について第43回の環境講座を開催。昼前に激しい通り雨があり皆はずぶ濡れになりながら、観察会も無事に終えました。Photo_20190622222201 Photo_20190622222202 Photo_20190622222301

観察会に参加する若い親子連れら20人は、市役所から契約バスで金山落に8時半に到着。ベースキャンプではM田さんら7人が集まり、小魚などを捕獲するタモや胴長などの機材を積んで出かけます。ミヤコタナゴの専門家の鈴木規慈さんの指導に従い、田の用水路にはモンドリを下して小魚が取れるのを待ちます。次に先週草刈りをいておいた土水路の土手に移動、タモを持った子どもらが並び、胴長を着たスタッフが水に入って捕獲を手助けします。Photo_20190622222302 Photo_20190622222601    

当然のことアメリカザリガニが非常に多いですが、ギンブナの稚魚もかなり採れ、まだまだ生きものが豊かです。鈴木さんが水槽に分け、モツゴやスジエビなど18種を確認して解説。なかにはトウキョウダルマガエルやシオカラトンボのヤゴも見つかります。説明が終わってころに猛烈に雨が降り出し急ぎバスに戻りベースCへ。調理担当のG藤さんら5人が朝から豚汁を作り、雨が上がったところで、参加者や会員に振る舞いました。Photo_20190622222701 Photo_20190622222602 Photo_20190622223401    

午後の環境講座では、市役所のまちサポに会員25人が集まり一般参加は5人です。講師には、関東農政局の利根川調査管理事務所の尾美広幸課長を招きます。縄文時代の香取の海から江戸時代の利根川の付け替え、昭和の干拓と洪水の歴史を解説。手賀沼水系の自然環境を紹介しながら、金山落で計画する土地改良の工法について説明。会員からは谷津田の持続や生きものの保全に意見を述べました。Photo_20190622222801 Photo_20190622222802

 

« 会員意見交換会や栗林の草刈り、田の草取り | トップページ | 草深の森で、広葉樹伐採のチルホール講習会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会員意見交換会や栗林の草刈り、田の草取り | トップページ | 草深の森で、広葉樹伐採のチルホール講習会 »