« 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 | トップページ | 栗林の剪定に12人、分校の河津桜が開花 »

2024年1月31日 (水)

多古町で炭材伐採、木炭1回分を確保

真冬でも暖かな晴天の31日は、炭焼き用のシラカシを伐採するため、朝早く3人が集まりました。チェーンソーや梯子を1トントラックに積み、協力してくれる梨農家の高橋さん宅に出かけます。途中は成田空港を横切って、1時間余り多古町の植木業の菅沢さん宅に到着。昨年とは別の林を案内してもらい、手ごろな太さの木炭材を伐採しました。Photo_20240131182601 Photo_20240131182701

菅沢さんが植樹したシラカシ林は、街路樹の販売が不振になり伐採することに。知人の高橋さんが紹介してくれたので、昨年も2回伐採して木炭にしました。今回の現場の多古町大穴は、農家が点在する森と畑が広がり、林の外側のソメイヨシノも大木になり桜の季節は見事なようです。Photo_20240131182702 Photo_20240131182801

N川さんら4人がチェーンソーで林の外縁から順番に伐採。倒した木の枝を切り落し、炭材になる幹を玉切りにしていきます。春の陽気で大汗をかきながら大小10本を伐採して1回分を確保し、トラックに積み込んでベースキャンプに搬入しました。焚き火用の薪が減ったことから、T山さんらがベースCに運び、M宮さんが薪割りをしました。Bc_20240131182801 Bc_20240131182802

« 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 | トップページ | 栗林の剪定に12人、分校の河津桜が開花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 | トップページ | 栗林の剪定に12人、分校の河津桜が開花 »