« 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 | トップページ | 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 »

2024年1月27日 (土)

ナラ枯れの伐倒木処理、栗林の枯れ枝粉砕

穏やかな冬晴れの27日は、厳しい朝の寒さのなかを26人が集まりました。地元の栗林の枯れ枝粉砕、運動公園の森の倒木玉切り、切り干し大根の準備や畑作業などに当たります。昼休みには、今年のクリ栽培の段取りについて、チームの4人で打ち合わせます。分校の校門近くでは、紅梅が次々と花を開いています。Photo_20240127191401 Photo_20240127191501

神々廻にある地元商店のY崎さんの栗林には、F川さんら6人が出かけます。昨年も依頼されて栗林の草刈りをしてきましたが、今回は残っていた枯れ枝を集めてチッパーに掛けます。Y崎さんが一人で剪定や収穫をしているので、クリの木の周辺には折れた枝が多いです。南側に生えている草は刈払い機を使って処理しました。Photo_20240127191502 Photo_20240127191503

午後からは運動公園の森の9号地に6人で出動します。ナラ枯れの太いコナラは前回伐り倒してあり、それらをチェーンソーで玉切りです。切断した丸太は、ベースキャンプの暖房に使うため軽ダンプまでトビで運び積み込みます。作業後に市民の森や9号地を見回ると、ナラ枯れはかなり広がっていることが分かりました。Photo_20240127191601 Photo_20240127191602

« 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 | トップページ | 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 | トップページ | 伐倒のロープワーク研修へ、分校で理事会 »