« 手作り味噌の袋詰め、栗林の事前点検も | トップページ | 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 »

2024年1月22日 (月)

4年ぶりに救急救命講習会、斜面林で草刈り

前日の大雨が上がった22日は、4年ぶりの救急救命講習会に28人が参加し、他にも5人が集まりました。午後からは運営委員会のほか、斜面林の草刈り、2回目の切り干し大根作り、枯れ草の刈取りや畑作業などに当たります。昼休みには、一昨日袋詰めした手作り味噌が販売されました。Photo_20240122211001 Photo_20240122211101

救急救命講習会は平塚分校の教室で開かれ、白井消防署の2人が指導してくれます。講義の後に2グループに分かれて胸骨圧迫の手順やAEDの操作を教わります。新型コロナのため中止が続き皆さんかなり忘れていて、声掛けなどを間違って笑いも。感染症の恐れから、人工呼吸が控えめになっています。Photo_20240122211102 Photo_20240122211103

ベースキャンプではO崎さんら7人が、切り干し大根作りで削りから棚干しまで行います。F川さんら5人は、白井聖地公園脇の斜面林に出動。地主のY崎さんの依頼で、2年前に全ての木を伐採しました。その後、シラカシなどがかなり伸びていて、ツルも絡んでいます。急な斜面で刈払い機を使い笹を刈りますが、木やツルに邪魔され大汗をかきました。2_20240122211101 Photo_20240122211201

« 手作り味噌の袋詰め、栗林の事前点検も | トップページ | 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手作り味噌の袋詰め、栗林の事前点検も | トップページ | 斜面林の草刈り完了、炭材のクヌギ搬入 »