« チェーンソー講習会、運動公園で一斉作業 | トップページ | 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ »

2024年2月10日 (土)

栗林の剪定・粉砕・肥料まき、白梅が満開

冬とは思えない暖かな10日は、連休が始まったためなのか31人が集まりました。神々廻の栗林で剪定・肥料まきを行ったほか、果樹園の殺虫剤噴霧・肥料まき、竹材の炭窯詰め、切り干し大根作りや畑作業などに当たります。ベースキャンプに近い農家の庭にある大きな白梅が満開を迎えました。Photo_20240210204801 Photo_20240210204802 Bc_20240210204901

白井中近くの栗林に続いて、神々廻の畑の脇へK井さんら11人が出かけます。23本に減ったクリの木に、園芸梯子や脚立を使って剪定に取り組みます。枯れた幹が新たに見つかりチェーンソーで切断し、高く伸びた枝は手ノコやハサミで次々剪定です。午後からも続けてほぼ全ての木を手入れしました。Photo_20240210204901 Photo_20240210204902

午後の作業では、剪定しながらチッパーを入れて剪定した枝を粉砕します。粉砕が終わったところから、運び込んだ鶏糞の袋を開いて肥料まき。続いて霊園脇の果樹園に移動してウメとカキの木の周りにも。一昨日の非作業日に3人で買いに行ったペレット状鶏糞は30袋で、残る19袋は白井中の栗林で来週使います。霊園近くにある梨園の木陰では、雪がまだ残っていました。Photo_20240210205001 Photo_20240210205002

果樹園と新平さんの森では、I屋さんが一人で噴霧器を背負って殺虫剤をまきました。切り干し大根をやりたい会員が多くO崎さんら8人がベースCで4回目を実施。干し棚が大雪で壊れていて修繕が必要になり、果樹園でも隣の杉1本が折れて、植樹したクロマツに倒れ込んでいました。Photo_20240210205101 Photo_20240210205102

« チェーンソー講習会、運動公園で一斉作業 | トップページ | 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チェーンソー講習会、運動公園で一斉作業 | トップページ | 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ »