« 栗林の剪定・粉砕・肥料まき、白梅が満開 | トップページ | 意見交換会に33人出席、栗林に籾殻肥料まき »

2024年2月12日 (月)

栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ

朝と昼の寒暖差が大きい12日は、三連休の終りであっても28人が集まりました。剪定後の栗林でチッパー掛けと肥料まきのほか、炭焼きで竹材の火入れ、ベースキャンプの雨天幕の改修、農道の草刈りや畑作業などに分かれます。ベースC下のミモザは、大雪で開花目前に折れ、残念ですが折損個所を切り落しました。Photo_20240212182001Photo_20240212182101 Photo_20240212182102

白井中近くのI田さんの栗林には、O屋さんら10人が車3台に分乗して出かけます。10日前に剪定した大量の枝を各所に集め、チッパーで粉砕していきます。55本ある木の剪定は、前回に全てやれなかったので手ノコで伐るメンバーも。冬場に残った草も刈払い機を使い、粉砕後の木の周りには鶏糞をまきましたが、昼までに終わりませんでした。Photo_20240212182103 Photo_20240212182201

午後も残る枝の山をチッパー掛けし、全ての木に肥料まきを行います。粉砕組が終わって帰った後も、3人が最後の剪定に当たりました。ベースCではY田さんら4人が、炊事場で雨除けの天井パイプの枠組みを改修します。ベースC下のミモザは亡き滝田新平さんが植えたもので、昨年より格段に多くのつぼみが付いていたのに切断せざるをえなくなりました。Photo_20240212182301Bc_20240214193901

 

« 栗林の剪定・粉砕・肥料まき、白梅が満開 | トップページ | 意見交換会に33人出席、栗林に籾殻肥料まき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗林の剪定・粉砕・肥料まき、白梅が満開 | トップページ | 意見交換会に33人出席、栗林に籾殻肥料まき »