« 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ | トップページ | 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 »

2024年2月14日 (水)

意見交換会に33人出席、栗林に籾殻肥料まき

季節外れの春の陽気が広がった14日は、全員参加の会員意見交換会もあって33人が集まりました。午前中は、栗林の籾殻肥料まき、旧キャンプ場の草刈り、炭材の竹の切断や畑作業などに当たります。昼休みにはベースキャンプでの炭焼部会に15人が出て、終わると分校教室の意見交換会に合流です。隣の延命寺では鐘楼の前に紅梅と白梅が咲きそろっています。Photo_20240214194101Photo_20240214194001Photo_20240214194901

籾殻堆肥をいただくため、コメ農家のT田さん宅にはY田さんら4人が出かけます。野菜チームが堆肥作りに使っていますが、まだ大量に残っています。箕やシャベルで軽ダンプに大量に積み込み、白井中近くの栗林へ運送です。木の間に籾殻を落とすと、箕やレーキでクリの周りにまきます。2回目の軽ダンプは残りを神々廻の栗林にも運び、冬場の作業を終えました。Photo_20240214194102 Photo_20240214194201

午後からは教室で円く椅子を並べて全員が意見交換会へ。初めに環境塾についての思いを◎〇△✕で紙に書き集計すると、◎〇で28人との評価です。新入会員の感想を皮切りに様々な意見が交わされます。2時間近い議論の最後には、地元住民との信頼関係の重要性を再確認しました。朝方にベースCの折れた孟宗竹の片付けで、O津さん足を滑らせ顔や手を切って病院へ行く事故があり注意を呼びかけます。Bc_20240214194201 Photo_20240214194202

« 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ | トップページ | 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗林の枝粉砕と肥料まき、炭焼きの火入れ | トップページ | 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 »