« 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 | トップページ | 多古町の炭材を確保、今季の味噌作り »

2024年2月24日 (土)

分校斜面の河津桜を整備、赤蛙の卵塊増加

雪混じりの雨が上がり冬晴れの24日は、水たまりが広がる道を通って29人が集まりました。通常総会に向けた会議や2月理事会が開かれたほか、分校斜面の河津桜周囲の整備、折立地区の篠竹の粉砕、炭焼きの炭材準備や畑作業などに分かれます。山王谷津の冬水田んぼでは、雨が続いたことでニホンアカガエルの卵塊が30個余りに増えています。Photo_20240224182801 Photo_20240224182901

分校南斜面に植樹された河津桜はようやく五分咲きほどになっています。ただ、斜面下段の3本は周りを雑木や笹に囲われ、生長が妨げられています。そこで花栽培チームのK井さんら2人がチェーンソーや手ノコで伐採。10年経って花が増えた桜を楽しめるよう、急斜面で汗をかきながら木や竹を農道に落とします。Photo_20240224182902 Photo_20240224182903

斜面にはまだシラカシなどが残っていますが、2人でやれるところまで。刈り取った後には、2羽のメジロが花の蜜を吸いに来ます。後片付けでは太い木は短く切り、細い木は束ねて農道脇に積み重ね、お昼までに何とか終えました。ベースキャンプ下のミモザは大雪で折れてつぼみがかなり減りましたが、暖かさに誘われて黄色の花の房が咲き出しています。Photo_20240224183001 Bc_20240224183001

« 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 | トップページ | 多古町の炭材を確保、今季の味噌作り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名内の斜面竹林を間伐、BCの竹も伐採 | トップページ | 多古町の炭材を確保、今季の味噌作り »