« 毎年支援の箱苗作り、田んぼでは通水開始 | トップページ | 新平さんの森の草刈り、臨時に4人が集合 »

2024年4月20日 (土)

白井市役所で第23回総会、キンランが開花

GW前なのに夏のような暑さが収まらない20日は、第23回通常総会が白井市役所1階で開かれ、25人が出席しました。事業報告や決算、予算など4つの議案が提出され、渡邉理事長など理事19人と監事2人の承認で終了です。渡邉体制は最も長い4期目に入り、再任の挨拶で来期には後継を呼び掛けました。市役所に隣接する文化会館の森ではキンランが咲き始めています。23 Photo_20240420163101

午後1時に開会すると、来賓の笠井市長の挨拶後に議長らを選出し、各副理事長らが議案を報告。今期は最近では最多の10人が入会しましたが、病気で亡くなった会員が3人も出ました。来期の事業計画では、新たな森の整備に炭焼きの材やキノコのホダ木の確保策が加わりました。その新平さん森ではクヌギ林の移植されたエビネが次々と開花しています。Photo_20240420163201 Photo_20240420163202

一昨日の18日には、板橋梨園の交配作業にT橋さんら6人が集合。花粉を入れた缶を持って、指示に従って収穫が早い幸水の花に授粉していきます。ところが2時過ぎに全員が花粉を使い切ってお仕舞になり、残り1割余りは巣箱のミツバチに期待です。開花が遅れたうえ花粉採取も少な目で作業は8日間でした。Photo_20240420163203

« 毎年支援の箱苗作り、田んぼでは通水開始 | トップページ | 新平さんの森の草刈り、臨時に4人が集合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎年支援の箱苗作り、田んぼでは通水開始 | トップページ | 新平さんの森の草刈り、臨時に4人が集合 »