« 栗林で最初の草刈り、クヌギの炭材を搬入 | トップページ | 板橋梨園の授粉支援始まる、寒さで大幅に遅れ »

2024年4月10日 (水)

休耕田などを草刈り、春の嵐後も桜満開

春の嵐が去って快晴の10日は、寒い朝でも久しぶりに青空が広がって25人が集まりました。年間委託の休耕田などの草刈り、炭焼きの窯開き延期、箱苗作りの農機整備や畑作業などに当たります。午後からは通常総会に向けて会計・業務監査を分校事務所で開きます。校庭のソメイヨシノは花吹雪もありながら満開を保っていて、午後の陽気によって花見日和です。Photo_20240410193101 Photo_20240410193102 Photo_20240410193201

カンナ街道沿いの草刈りには、T田さんの休耕田にT山さんら刈払い機の3人、休耕地にO屋さんらハンマーモア2台。低い田には前日の雨がそれほど多くなく、畦に沿って一気に刈り上げます。短い草に紛れて土筆ん坊があちこちに出てきていましたが、残らず除草します。早くもサシバが飛んで、近くの森に入っていきました。Photo_20240410193202 Photo_20240410193203

さらに仲台新田の草地とクリ・ウメの園地に移動して、4カ所を刈り終えました。ベースキャンプではN川さんら3人が窯開きを予定しましたが、温度が下がりきらず再び延期です。先週末に解禁したタケノコ掘りには、朝からクワなどを持って次々と参戦し、大小様々の「戦果」を挙げています。竹林の一角では例年より多いクマガイソウが開花間近です。Bc_20240410193301 Photo_20240410193301

« 栗林で最初の草刈り、クヌギの炭材を搬入 | トップページ | 板橋梨園の授粉支援始まる、寒さで大幅に遅れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗林で最初の草刈り、クヌギの炭材を搬入 | トップページ | 板橋梨園の授粉支援始まる、寒さで大幅に遅れ »