« 八幡下から田植えを開始、新緑のスダジイ | トップページ | 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 »

2024年5月11日 (土)

分校校庭の草刈り、田植えの一斉作業

風の強い五月晴れの11日は、一斉作業の田植えもあったためか31人が集まりました。その他には、分校の校庭や南斜面の草刈り、サツマイモの畝作り、梨園の摘果作業支援、森林交付金の話合いや畑作業などに当たります。昼休みは田んぼの学校の打合せと炭焼部会を相次いで開催。霊園脇の果樹園では、枝を十分剪定した梅の実が大きくなって収穫間近です。Photo_20240511180101 Photo_20240511180102 Photo_20240511180201

分校の草刈りには、F川さんら5人が出かけます。ハンマーモア2台は校庭と南斜面・農道に分かれて使用。他の3人は刈払い機で、校庭の四隅や校舎裏、トイレ脇などを草を刈っていきます。さらに南斜面の階段脇やフェンス脇、坂道脇も丁寧にやり、急な斜面は背負い式の刈払い機を使いますが、どの作業も強い日差しで汗が止まりません。Photo_20240511180202 Photo_20240511180301

山王谷津の田んぼにはK池さんら9人ほどが出かけます。故障した機上田植え機が使えず、歩行田植え機で出来ないところは手で植えました。1週間後は田んぼの学校の田植えが予定され、親子63人が申し込んでいます。午後からT橋さんらは、林野庁の森林対策交付金の利用について、森の所有者2家族を訪ねて承諾を得ました。ひと方は国指定重要文化財の滝田家住宅の当主です。Photo_20240511180302 Photo_20240511180303

 

« 八幡下から田植えを開始、新緑のスダジイ | トップページ | 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八幡下から田植えを開始、新緑のスダジイ | トップページ | 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 »