« 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 | トップページ | 一斉作業で道路のゴミ拾い、柿園の草刈りも »

2024年5月18日 (土)

田んぼの学校の田植え、文化会館で草刈り

真夏のような暑さ見舞われた18日は、田んぼの学校の田植えがあって30人が集まりました。若い親子64人が参加した田植えの前には、カエルの観察会も開かれます。昼食の豚汁作りのほかに、文化会館の森の草刈りや畑作業に当たります。ベースキャンプの花壇では、クマガイソウやエビネが終わり可憐なユキノシタが咲いています。Photo_20240518202701 Photo_20240518202801 Bc_20240518202801

第1回の田んぼの学校ではM田さんら25人が8時半に集まり、それぞれの担当に分かれます。午前の田んぼの生き物観察会は山王谷津で行われ、浅間茂千葉県生物学会副会長がカエルの生態を解説。田植えの準備でK池さんら3人が道具を運び、ベースCではG藤さんらが豚汁を作ります。昼休みに戻ってくると、暑さに関わらずお代わりを求める人もいました。Photo_20240518202901 Photo_20240518203001

午後の田植えは分校の校庭に集合し、6班に分かれて竹下谷津の田んぼに降ります。それぞれ線引きした田に入って、三角定規という棒を転がして苗を植えていきます。初めは泥に汚れるのを気にしていた子どもも、楽しいと言いながら速度を上げていきます。1時間足らずで終えた後は、毎年恒例の泥んこ遊びで、田植え前の隣りの田に次々飛び込んで大はしゃぎでした。Photo_20240518203002 Photo_20240518203003

田植えのメンバーですがF川さんら4人は、午前に文化会館の森の草刈りに出かけます。日当たりの草地はハンマーモア2台で刈り取り、道路側に落ちた草はシャベルで掻き上げです。森の中では前日の強風でナラ枯れの木の枝がかなり落ち、チェーンソーで切断して片付けます。Photo_20240518203101Photo_20240518210101

« 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 | トップページ | 一斉作業で道路のゴミ拾い、柿園の草刈りも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 継続する篠竹の粉砕、支援農家の梨摘果 | トップページ | 一斉作業で道路のゴミ拾い、柿園の草刈りも »